第5期アーティストインキュベーションプログラム募集開始!(※締切 2/25)

Photo by イクマ サトシ (TechniStaff)

 ※募集は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

最後の一年。新たな一歩。
福岡から世界的に活躍するアーティストやクリエイターを生み出すことを目的に設立されたアートコミュニティ「FUCA」。

5年間の期間限定プロジェクトとして始まったインキュベーション アトリエ プログラムも残すところ1年となりました。
中央区平尾という場所は最後ですが、次に繋がる1年にできればと考えています。

そもそもFUCAは、福岡に新たなアートの拠点を作り、福岡をさらにクリエイティブな街にしたいという想いからスタート。

特に課題として意識していたことは、若手アーティストが制作場所を確保することの難しさと
アートやデザインなどクリエイティブ関連のコミュニティを見つけることの難しさ。

だからこそ、FUCAの目指す方向性は、若手アーティストの制作の場であり、表現の場、
そして、アートに限らず様々なクリエイティブな人々が交わるコミュニティをつくり、新たな価値を創造する場を創り出すこと。
将来的にはここから世界的に活躍するアーティストを生み出すことが目標です。

そんなFUCAアーティストインキュベーションプログラムの特徴は5つ。

1、約10㎡の個人制作スペースが24時間365日使用できます。
kukaku-c
アトリエスペース。アーティストが自由にカスタマイズしているので、それぞれの個性が出ています。

まずは24時間365日間使用できる制作スペースがあることが大きな特徴。
大きさは約3m×約3.5m=約10㎡。天井高は平均2.5mぐらい。それなりの大きさの作品はココで作れます。
それぞれの区画は各入居者が自由に仕切りを建てたり、色を塗ったりしてもらう、ラフなシェアスタイル。
1つの空間をシェアする形態となるので、音や臭いなどであまりに他に迷惑になるような作業はNGですが、それ以外は基本的にOKです。

※アトリエを見学したいという方は、2月13日(土)15時~19時にオープンアトリエを行いますので、その際にお越し下さい。

2、100㎡のイベントスペースを無料で使用できます。
new1F_fucabase
もともと写真スタジオだったイベントスペース。リフトがあり2階のアトリエスペースからの搬入搬出も簡単です。

1階には広さ100㎡、高さ約3.5mのイベントスペースがあり、予約が入っていないときは無料で自由に使えます。
ここで作品の展示やイベントを行なってもいいですし、アトリエスペースでは制作できない大きな作品を作ることもできます。

3、FUCAでおこなわれる様々なイベントに無料で参加可能です。
event-5
イベントスペースでは展示だけではなく様々なイベントが行われ多くの人が訪れます。

1階のFUCA BASE では、ジャンルを問わず様々な企画、イベントが開催されています。
昨年は、現代アートの展覧会やダンス、演劇公演、トークイベント、ワークショップなど、たくさんのイベントが開催されました。
さらには海外からの利用者もいらっしゃるなど、様々なジャンル、人が交流、関わる場所になっています。
特に月1回のペースで行っているFUCA BAR(ふ~か倶楽部)では、毎回いろんな出会いが生まれています。

アーティストインキュベーションプログラムに参加すると、こうしたイベントに無料で参加可能です。
(※イベントによっては、飲食代、材料費等は別途必要になる場合もあります。)
アトリエというと制作や作品発表といったアウトプットに目が向けられがちですが、様々な人や情報、モノに触れ、たくさんの刺激を受けることによって、
創作をより豊かなものにするインプットができる環境というのも重要と考え、入居アーティストにはぜひ活用してもらいたい特徴の一つです。

4、刺激し合える環境。
member-4
第4期メンバー集合写真。

FUCAを利用しての個展や企画イベントはもちろん、毎年2回開催するグループ展も大きな特徴です。
作品制作となると、多くは個人での活動や同じ分野の人たちとの関わりが多くなりがちです。
これまで、平面に立体、インスタレーション、演劇、ダンス、音楽、写真、ファッションなど様々なジャンルのアーティストが参加しているこのプログラム。
毎年、様々なジャンルのアーティスト4名が集まります。
個別の活動以外に、他ジャンルのアーティストとともに同じ空間で制作、
またグループ展をおこなう中で、新たな発見や発想、アイディアが浮かんでくる可能性も十分。
ジャンルを超えて創作活動の幅が広がり、さらなるステップアップにつながればと思います。

ちなみに過去のアーティストのジャンルは下記のような感じです。

第1期:「平面」、「平面・インスタレーション」、「平面・インスタレーション」、「演劇・インスタレーション」
第2期:「平面」、「音楽・インスタレーション」、「デザイン・インスタレーション」、「ダンス」
第3期:「写真」、「廃材を使った立体」、「編み物を使ったインスタレーション」、「平面・立体」
第4期:「ファッション」、「刺繍・アクセサリー」、「インスタレーション・映像」、「インスタレーション」

今までのアーティストをこちらで紹介しております。

3/4(金)~3/20(日)の期間、第4期アーティストによる成果展、FUCA EXHIBITION Vol.8 『アンドロイドはフライドポテトの夢を見るか?』をFUCA BASEにて開催予定です。
グループ展の様子も含め、ぜひご覧いただければ幸いです。
http://fuca.asia/portfolio-view/fuca-exhibition-vol-8/

さらにFUCAにはアトリエだけではなく、カフェやシェアオフィス、音楽スタジオ、イベントスペースと多様な空間があり、
福岡だけではなく世界の第一線で活躍する幅広いジャンルの人(例えば、メディアアートやデザイン、建築、まちづくり、IT、映画、研究者、企業、行政など)に
出会う機会があり、刺激になること間違いなしです。

5、FUCA アーティストインキュベーションプログラムに参加したアーティストは、様々なところで活躍しています。
ob-5
(写真・左)  篠崎理一郎(第2期メンバー)…第16回 スパイラル・インディペンデント・クリエーターズ・フェスティバル出展作品(2015)
(写真・右上) 百瀬友秀(第1期メンバー)…釜山公演 演劇作品演出
(写真・右下) 松見 真之介(第2期メンバー)…『WORKS』 メディア:カセットテープ

これまでの4年間で、このプログラムに参加したアーティストは16名にのぼります。
どのアーティストもこのプログラムでお互いに刺激し合いながら、活動の幅を広げ、プログラム終了後もそれぞれ多方面で活躍中。
過去のアーティストの中には香港や韓国で公演を行なったり、オーストラリアでのグループ展での出品が決まるなど福岡だけではなく海外での活動も増えてきています。
また、最近でも、世界的なバッグブランドとのコラボレーションや著名な音楽評論家との対談記事を連載したりなど、活躍が目立ちます。
これから当プログラムに参加しようとするアーティストの方々も含め、FUCAでの活動を経て、今後ますます活躍されることを願っています。

この4年間、多くの人に助けてもらい試行錯誤しながら運営してきたFUCA。
徐々に目標に近づいてはいますが、まだまだ現在進行形!毎年、化学反応が起こり、新たな発見の連続です。
この場所では、最後の1年ですが、このFUCAから新たなムーブメントを一緒に起こしてくれるアーティストの方、お待ちしております!
(FUCAでは運営をサポートしていただけるメンバーも随時募集しております。)

それでは、以下募集要項です。




第5期アーティストインキュベーションプログラム募集要項

一般的なシェアオフィスなどと異なり、若手アーティストに広いスペースを格安で提供するために、
定期的にアーティストが施設運営者(FUCA)に作品を寄付とお持ちのスキルを活かした運営のボランティアをしていただく仕組みになっております。

  • 利用料金:月額1万円+共益費(光熱費・インターネット)5,000円
  • 利用面積:約10㎡(約3メートル×約3.5メートル)の専有スペース+1階イベントスペース(FUCA BASE)が空いている時間は使用可能
  • 募集組数:4組
  • 入居期間:2016年4月1日〜2017年3月19日
  • 入居条件:①目標意識の高い方
    ②月1回の運営ミーティングへの参加
    ③年2回の成果展の企画・運営
    ④年2回の作品寄付(内容は自由ですが、平面作品であればA2程度を想定)
    ⑤利用ルールを守れる方、他の作家・入居者と良好な関係を持って交流ができる方
  • 初期費用:保証金20,000円、入居事務手数料ナシ
  • 入居特典:①入居アーティストは1階FUCA BASE(イベントスペース)で行われるイベントに原則無料で参加できます。
    ②FUCA BASE(イベントスペース)での使用料無料。
    ③FUCAのネットワークを活かしての活動支援。
    ④オリジナルプロダクト(商品)の開発をサポート。
  • 応募方法:FUCA WEBサイトの問い合わせフォームより「自己紹介」「ポートフォリオ」をお送りください。
  • 応募締切:2016年2月25日(木)22:00
  • 応募内容:フォーマットはありません。氏名・住所・携帯番号・メールアドレス・活動履歴・自己PRをお書きください。
※なお、定員を上回る応募があった際は、選考させていただきます。
  選考結果は3月上旬までに応募者皆様にメールでお送りさせていただきます。

 
作品の寄付:A2サイズ程度の作品を半年(6月と12月)に一点お願いします。内容は自由です。

※FUCAを事前に見学したい方は、FUCA BASEで行われるイベントに是非ご参加ください。


※間取り図:アーティスト専用スペース①〜④がアトリエです。(区画は抽選等で決定します)

※オープンアトリエ日程以外でアトリエを見学したい方は、FUCA WEBサイトの問い合わせフォームよりご相談ください。