Design Build Fukuoka 実践型建築教育プログラム

建築やまちづくりを学ぶ学生・U30の社会人を対象に、設計から施工までを行う実践型教育プログラム


どんなプログラム?

デザインビルドとは文字通り 「Design + Build」。すなわち、「自分たちでデザインしたものを、自分たちの手によって施工する」ことを実現します。

dbf01

大学の建築学科の授業では様々な内容を勉強しますが、現実社会とのつながりを持つことが難しく、「デザインすること」と「デザインされたものが建つということ」の関係はなかなか掴みにくいものです。また、卒業後に設計事務所で働いたとしても、デザインする人(設計)とデザインされたものを建てる人(施工)が明確にわかれていることに気づいていきます。

体験する事でしか学べないことは数多くあります。頭を使いアイディアを出し、手を使いデザインし、体を動かし、汗をかき建物を建てていく。その過程では様々な人と意見を交わし、協力しあう必要があります。このプログラムを体験する事により、発想力や技術力、コミュニケーション力や自信、そしてかけがえのない仲間を得る事ができます。

何のためのプログラム?

dbf02
デザイン力・提案力・問題解決力・コミュニケーション能力・技術力を併せ持つ建築家やまちづくりの担い手を育成するため。
建築系やまちづくり系の大学や専門学校及びその学生に、通常は経験することのできない設計・施工の教育機会を提供するため。
社会的に意義の強いクライアントが必要とする建築物を無償もしくは安価に提供するため。
施工会社や建材メーカー等、スポンサー企業が資金や建材の提供、共同企画を通して研究や社会貢献を行うため。
プロジェクトに関わるすべての人の成長を育む建築をつくるため。

運営

dbf03

DesignBuildFUKUOKAは、アメリカ・ユタ大学の建築学科大学院にDesignBuildプログラムを提供するDesignBuildBLUFFの協力のもと、FUCAが運営主体となるプロジェクトとして発足しました。

▽DesignBuildFUKUOKA公式サイト
http://designbuild.asia