FUCA Exhibition vol.02

Photo by イクマ サトシ (TechniStaff)

2012年4月よりスタートしたインキュベーションアトリエFUCA。
1年間FUCAで制作をおこなってきた4人のアーティストが「フォーマットFUCA」をコンセプトに、イベントスペース「FUCA」を彩ります。
4人のアーティストによる1年間の集大成である4つの世界をお楽しみください。

 
フォーマットFUCAとは
福岡市平尾にある元アパレル倉庫という特殊な空間をフレームにし、4人のアーティストが週替わりでそれぞれの世界を発信します。

 

FUCA Exhibition vol.02「フォーマットFUCA」個展スケジュール


1st:3月1日(金)- 3月5日(火) 百瀬 友秀 「peliplocus」

2nd:3月8日(金)- 3月12日(火) KEN-TARO 「gravity」
※8-9と10-12で展示内容が切り替わります。

3rd:3月15日(金)- 3月19日(火) 本多 孝男 「ありがとー!」

4th:3月22日(金)- 3月26日(火) 中村 公泰 「FとP」
※配布チラシに記載の日程が間違っておりました。中村 公泰の個展は正しくは上記の3月22日よりスタートとなります。

 

雑誌媒体掲載情報

2月20日(水)発売の「NO!!」、「シティー情報Fukuoka」にFUCA Exhibition vol.02の情報が掲載されます。

 
前回FUCA Exhibition vol.01での作品

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

展覧会概要

期間:2013年3月1日(金)~3月26日(火)
[平日] 18:00~22:00  /  [土日] 13:00~22:00
休廊日:水・木曜日休廊
料金:入場無料
場所: FUCA BASE (フーカベース) / 福岡市中央区平尾3丁目17番13号(1階奥)

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

KEN-TARO

主に絵画を媒体としながら、普遍的な『美しさ』を追求しながら制作している。
東京芸術大学卒業後、関東で活動していたが2011年九州に戻る。

http://ken-taro.com/

 

本多孝男

アクリルガッシュによる平面作品をはじめ、ダイヤ型の立体作品を制作する。
2010年に絵を描く行為に向き合う中でキャラクターを用いた表現に辿り着き、「己を超えてゆく」という願いが込め「ORECHO(オレチョ)」というキャラクターを誕生させる。現在は主にオレチョの変化、成長を描いた絵画作品を中心に作家が今思う事を込めた作品を制作している。

http://www.takaohonda.jp/

 

M.M.S.T / 百瀬友秀

「現代における演劇の確立」をコンセプトに1998年東京にて活動を開始。
代表・百瀬友秀(演出家)。
舞台作品のみならず、サウンド・パフォーマンスや映像インスタレーションにおいても意欲的に作品を発表。舞台に立つ身体の特権性を常に問い返しながら、独自の身体感覚で現代から古典まで様々なテキストに取り組んでいる。

http://www.mmst.net/

 

中村公泰

バス停でバスを待つ人々のシューズの観測/1ヶ月間の机の上の日用品の軌跡/梅雨時の一人当たりに降り注ぐ雨量/車のヘッドライトの軌跡/(架空の)少年の思い描く空想都市の記録(村上春樹の小説に基づく)/ポルノ雑誌に残された指紋の集積等、様々なものを記録し、集積し、再表現する。

現在、あーと地域研究所主催。
http://achiken.web.fc2.com